Statements

 

キオクを記憶する〟

忘れてはいけない誰かの記憶を辿り、自分の記憶として残す。

 

“Memorize memories〟

I want to keep track of someone's memory and leave it as my memory.

 

 

 

はじめに

 

私の記憶:

私は祖父母の影響を大きく受けて育った。

祖父母は福島県に住んでいて、年に何度か祖父母宅へ行くと、必ず話してくれる祖父母の若かった頃の話は、何十回と同じ話を聞いても飽きなかった。戦時中のこと、戦後のこと。彼らがどんな時代を生き抜き、何をしてきたのか、このとき日本や世界では何が起こっていたのか、もっと知りたいと思うようになった。

それから20年たって、私は祖父母の介護をして最後を看取ったことで、祖父母たちの記憶を残していきたい、と考えるようになった。

これは現在私の作品テーマとなっている。

 

私が体験し得なかった過去の記憶を辿る。現場に赴き現状を受け入れ、その記憶を作品にする。

誰かの記憶が自分の記憶として次世代に伝え続けられるように。

 

2015年ごろより震災後の福島の記憶をテーマとしている。 

 

 

 

 

My memories:

 

I grew up heavily influenced by my grandparents. 

When my grandparents lived in Fukushima prefecture 

and went to their grandparents ' house several times a year, 

they always talked to me about the age when they were young. 

It was a very interesting story and told me many times.

They talked a lot about wartime things and after the war.

I wanted to know more about this era.

Twenty years later, I cared until my grandparents died. 

And I wanted to tell a lot of people about the times when my grandparents told me.

This is the theme of my works now.

 

I traced someone's memory and make my works.

I want to pass on someone's memory to the next generation.

 

Since 2015, I have been on the theme of the Great East Japan earthquake 

 

and the memory of Fukushima prefecture.

 


2019-2015 東の場所シリーズ  について

〝The place that exists in the east〟series    About the works for this.

2011年3月11日。東日本大震災の発生によって、日本は混乱した。

復興に向けて何かをしようと動く人も多くいた。

一方でアートの必要性に苦悩したアーティストは少なくなかったはずた。

私もそうだった。アートは何のためにあるのだろうか。私は何をしたいのか、

何をすべきなのか、分からなくなった。

数年間は被災地に通い、復興支援活動をしていた。震災直後は被災地に美術は必要ないと感じた。

でも、その3年後2014年福島県第一原発の立ち入り禁止区域へ行き、

震災後から何も手をつけられずに放置された現場を目にした時、ショックと怒りを感じると同時に

私のすべきこと、したいことが少し見えた気がした。

私は私の作品を通して現在の状況と震災の記憶を伝えていきたい、と思った。

ここから、〝東の場所〟という作品は生まれた。

 

 

The Great East Japan earthquake occurred on March 11, 2011, 

and people in Japan were confused.

Many people tried to do something for the reconstruction, 

and many artists were tormented by the need for art.

So did I. What is the art for?  I didn't know what to do.

I  went to the disaster area for several years and did the reconstruction support activity.

Immediately after the earthquake, there was no need for art in the disaster area.

But, in 2014 ,three years after the earthquake,

 I went to an off-limits area of Fukushima Daiichi nuclear power plant ,

 and saw the site where I was left without being able to touch anything after the disaster, 

and I felt shocked and angry and at the same time found out what I wanted to do.

I want to tell the current situation and the memory of the disaster by my works.

This works was made from this feeling.